ちょうどいい暮らしのノート

賃貸でも、狭くても好きな暮らしを楽しむ

サロン・デュ・ショコラとアムール・デュ・ショコラで散財したので記事にしてみる

チョコレート好きの祭典といえば「サロン・デュ・ショコラ」。

私もそこまでガチじゃないけど、チョコレートは好き!ということで、ここ最近はもっぱらオンラインで参戦していました。

 

 

2024年のサロン・デュ・ショコラでは、アクセス集中によるシステムダウンを防ぐため「仮装待合室」というものが導入されています。

これは販売開始の30分~1分前にオンラインストアにアクセスすると、自動的に整理番号が振られ仮想空間に遷移するというもの。

なお、整理番号の順番はランダムなので、上記の時間に入れば9時30分にアクセスしても、50分にアクセスしても有利不利はないようです(たぶん)。

私が入れたのは10時45分ごろ。「もうほしいものは買えないかも…」と半ばあきらめムードで入室しました。ところが、いざサイトを見てみると、意外なほど色々選べるという状況にテンション爆上げ。

まさにチョコレートハイ状態。

 

そんなこともあって、高島屋のアムール・デュ・ショコラと併せ、ついつい買いすぎてしまいました(泣)
なので、せっかくの散財を無駄にしないため(?)にも、記録しておこうと思います。

 

それぞれのショコラの感想と、「次回も同じ状況ならこうする」ということがいくつかあるので、自分の来年のメモとして、また誰かの参考になればと思います。

 

購入したショコラたち

サロショで購入したチョコ7品と、高島屋のアムール・デュ・ショコラで購入した3品。全部で10種類、総額4.5万円以上使ってしまいました。
こうして並べてみるとテンションも上がります。

 

では、それぞれのチョコレートの感想をさらりとご紹介。

 

セレクションボックス2 Mystère(ミステール

世界中のシェフたちの味が一つの箱につまったサロン・デュ・ショコラ限定のボックス。

ここで気になったシェフのチョコを次回購入するのもいいかも。

もちろんどのチョコもおいしー!

特に好きだと感じたものは、トゥルビヨン バイ ヤン ブリスの「トースト」(上から2左から1番目)。
「子供の頃、おやつでパンにチョコレートを挟んで食べた時の幸せな記憶を込めてみました。」とのこと。本当にパンの香ばしさを感じました。ヤン・ブリス氏のチョコは購入したことがないので、次回は試してみたいです。

また、レ スクレ ドゥ ノ ヴェルジェの「マ プール」(上から3、左から2番目)。キャラメル、トウモロコシ、程よい塩味…すごく複雑な味がしました!

 

(写真は上からユミコ サイムラ ピッコラ パスティッチェリア イタリア、レ スクレ ドゥ ノ ヴェルジェ、エルベー ル ショコラ パー ポール オキパンティ、ル・フルーヴ、モリ ヨシダ)

 

<Christine FERBER/クリスティーヌ・フェルベール>シェーズ アルサシエン フルール ド プリンタン フルール エ フリュイ オ カ

以前、フランス旅行に行った際に購入したフェルベールさんのジャムがそれはもう素晴らしくて!チョコレートも食べてみたいと思いこちらを選択。

フルーツのフレーバーはジューシーで果実味を感じられ、流石といえるおいしさ。

うう…幸せ(心の声)。

 

<Atelier Gato/アトリエ ガトー>ビスキュイ ショコラ


ビスキュイってビスケットかな?と勘違いして「サク」といった食感を想像していたのですが、食べてみるとしっとり。後で調べてみるとビスキュイとはスポンジ生地を指すようです。
ガナッシュ、チョコがしみ込んだビスキュイの2層をチョコでコーティング。リッチな味わいで、ひとつ食べればかなりの満足感!

 

<Frederic HAWECKER/フレデリック・アヴェッカー>サブレ フレ

チョコとサブレが組み合わさったお菓子。味はホワイトチョコ、ミルクチョコ、ビターチョコの3種類。

(※これを食べたあとにアルフォートも食べましたが、アルフォートも負けず劣らずおいしい…笑)
日本人に好まれそうな味なので、プレゼントなどにもいいかも。

 

<AGNES&PIERRE/アニエス エ ピエール>タブレット フゥアス ドゥ トントン

基本的にはボンボン好きなのですが、ひとつくらいはタブレットも買っておこうかな~と思い、ジャケ買い(こちらはまだ食べれていない)。

 

<LES SECRETS DE NOS VERGERS/レ スクレ ドゥ ノ ヴェルジェ>プティ サブレ ジャンドゥージャ

なんとなく気になって。

セレクションボックスで食べた一粒も好きな味だったので期待(まだ食べてない)

 

<PATISSIER eS KOYAMA/パティシエ エス コヤマOfficial Tea Fukaborism

日本のチョコも一つは。と思い購入しました。

6種のお茶のボンボンショコラ。当たり前ですが6種類とも全然違う味わい。お茶のフレーバー好きとして楽しめた詰め合わせでした。

 

 

続いて高島屋アムール・デュ・ショコラで購入したチョコレートをご紹介。

<jacques genin/ジャック・ジュナン>ミックスポシェット


ジャックジュナンのチョコレートは、好みの味で毎年買ってます(フランス旅行でも36粒くらい入ったボックスをお土産に購入しました)。

日本では(おそらく)高島屋でしか購入できないと思います。今回はキャラメル入りのこちらを購入。もちろんおいしい、来年も絶対買う。

 

 

<JADE GENIN/ジャド・ジュナン>ピラミドン

ジャックジュナンの娘さんのチョコということで購入してみました。

この三角のフォルムが美しい・・・!

 

<Julien Dechenaud/ジュリアン・デシュノ>クラカンショコラ

ざくざくとした食感の薄いビスケットを2種のチョコでコーティング。
程よい塩味がおいしい。

 

2025年のサロン・デュ・ショコラに向けて

2024年同様にオンラインで購入するつもりです。

MI会員になっていた時期もあるのですが、今回は割とほしいものが購入できたので、次回もMI会員にならずに一般会員として購入するでいいかもと思いました。

2025年あまりにもほしいチョコが買えなかったら、MI会員復帰も考えます。

 

そして、反省点は3つ

事前リサーチ必須!!

今年はゆるく、オンライン販売当日の朝に何を買おうか考えていたのですが、全然間に合わない…!

私はくじ運が悪く…オンラインストアに入れたのは10時45分ごろ…。その待機時間に買うものを決めておけばいいや、なんて思っていましたが、それでも全然決められない…。

結局は選びつつカートに入れていたので、余計に時間がかかってしまったなと反省。また、カートに確保していても、会計のタイミングで売り切れていることも…。

その場合、該当の商品を削除して「だったらあのチョコも買おうかな」と再度サイトに戻って、などしていたら今度は別のチョコも売り切れに…。なんてことも。こうなるとプチパニック状態。(笑)←これが買いすぎの原因だと思ってる

そうならないためにも、予め購入するものをリサーチしておいて、入室出来たらすぐに購入、売り切れがあったら予備の候補を選択してテキパキ進めることをおすすめします。

 

アクセスは複数のパソコンで

サイトに入室できる順番がランダムに決められるのなら、パソコン、スマホタブレットなど複数所持している場合は、一旦いろいろなデバイスでアクセスしてみて、待ち時間が短い方を選ぶというのもアリかも?

私はそのことに考えが及ばず、パソコンのみでやってしまいました(しかもクジ運悪い)。

それでも、十分選べる状況ではあったのですが、買い逃したくないものがある場合はそういうやり方を試してもいいかも(でもパソコンのほうが選びやすい)。

 

チョコ買いすぎ注意

購入は1月の上旬。チョコが届いたのは2月1週目の土曜日(選べました)でした。私が購入したチョコレートで一番賞味期限が早かったのは2月21日。そして、ほとんどのチョコレートが2月中に賞味期限の記載が…。

いくら高価なチョコといえど(だからこそ?)1日に何個も食べられないし、毎日食べると飽きる(笑)。

期限内でおいしく食べたい方は計画的に購入することをおすすめします。
賞味期限の長いタブレットなどを入れつつ、バランスよく購入するのも手かも。(でも圧倒的にボンボンショコラが好きなので、さらなるチョコレートの吟味が必要)

 

以上。

そんな感じで雑にですが、2024年のサロン・デュ・ショコラ、アムール・デュ・ショコラを振り返ってみました。

2025年の参考になれば幸いです。